日本酒

古希を迎えた父へのプレゼントに迷う、という人は少なくありません。

もしお酒が好きな人であれば、名前の入った特別な酒を贈るのはどうでしょうか?

酒は基本的にお祝いの席で必ず好まれる物です。特に酒は日本では昔からお祝いの席やめでたい席には欠かせないものでした。

このため、今でもお祝いの席では必ず準備されますし、宴会やパーティーなどで欠かせません。

今回は、お酒好きなお父さんへ贈るお酒の選び方や、名入れ酒を注文する方法や注意点についてご紹介します。

 

おめでたい古希祝いにおすすめのお酒とは?

シャンパン

泡がでるタイプが主流

基本的には、泡の出る炭酸のものが主流です。

ビールやシャンパンなどがお祝いの席には華を添えるとされていますし、大体の場合は発泡するタイプが好まれます。

このため、泡の出るタイプがおすすめという考え方もあります。

焼酎・日本酒もおすすめ

焼酎

また、お酒は長く楽しめるため、何度でも思い出してもらいやすいのです。

アルコールは雑菌を消毒してくれますので、賞味期限がありません。

このため、焼酎や日本酒などが好きな人なら第一に焼酎や日本酒がおすすめということになります。

また、割って楽しむのもアリですから、バリエーションをもたせて長く楽しめるのも良いポイントでしょう。

飲み終わったあとの瓶もそのまま保管しておけるので、長く思い出の品となりやすいのです。

 

古希祝いのおめでたい席に最適なお酒の選び方

お酒の瓶

おめでたい古希祝いの席にはその雰囲気に合ったお酒を選んで贈りたいところです。

それでは何を贈ればいいか、選ぶポイントを紹介しましょう。

【選び方のポイント①】お酒の種類

まず第一にお酒の種類をチェックしたいところです。

基本的にはその人が好むお酒をバリエーション豊かにたくさん準備するのが良いのは当然ですね。

あまり予算がない場合はミニチュアや小瓶などをいくつも組み合わせてセットにしても良いですし、

もちろん贈り物なら大きな化粧箱入りのお酒を選ぶのも方法かもしれません。

古希のお祝いの席で皆で飲むことを想定しているのであれば、マグナムサイズという大きすぎるサイズがあるお酒もあります。

【選び方のポイント②】お酒のパッケージ

日本酒の瓶

次にお酒のパッケージも楽しむポイントです。

基本的に贈り物というお酒なら、大体は化粧箱入りで放送しやすいお酒が良いでしょう。

缶入りのお酒はどうしてもチープに見えてしまうので、できるだけ瓶入りのものを選ぶのが方法です。

また、焼酎や日本酒の場合、大瓶ならば長く楽しんでもらいやすいのでおすすめですよ。

予算が許すのであれば、ちょっとレトロなお酒を選ぶのも良いかもしれません。

これはビンテージなどのそれなりの品格のあるお酒ということで、古くても保存状態がよくその人の好みであれば、ワインのビンテージなどは特に喜ばれやすいのです。

【選び方のポイント③】名入れ酒

もしお酒を贈るならぜひやってほしいのが名入れ酒です。

名入れ酒とは、その受取る人、つまり古希のお父さんの名前を入れたお酒ということです。

これはラベルや瓶本体に名前を入れることが出来るというアイテムで、基本的にはそれぞれの酒店やギフトショップなどで取り扱っています。

ラベルの表にしっかり名前を入れられるものもあれば、ラベルに装飾を加えられるもの、追加でメッセージを入れられるものなどもあります。

また、一本だけとは限らず、複数本のセットでも対応できます。

特別感をより一層強く演出できますし、もらった人も嬉しく、家族全員が感動してくれます。

グラスなどをセットに出来るものもありますので、飲み終わっても嬉しいのがポイントです。

名入れ酒の場合、嬉しいのは他にもメッセージを添えたり、中には写真を入れられるものもある、ということでしょう。

対応している範囲やメーカー、それぞれのラベルによっても違いますが、メッセージを伝えたり、写真を入れて思い出の品に出来るのもメリットです。

 

名入れ酒を注文する場合の注意点

注意

世界に一つの名入れ酒はインターネットから注文することができ、お店でお酒を買いに行く時間がない方でも気軽に購入することができます。

「名入れ酒」「名前入りお酒」などと検索すると多くのお店が出てきますが、全て同じ仕上がりになるわけではありません。

名入れ酒を注文するときに気を付けたいポイントをここでは確認しましょう。

対応しているお酒の種類やラベルのデザイン

まず、場所によって対応しているところが違うということです。

例えば写真を入れるのなら酒の種類は限られてきますし、当然対応しているお酒やそれぞれのラベルも変わってきます。

王道なのは名前だけというものですから、名入れ酒をするときには必ず何まで対応できるかをチェックし、その上で自分の希望にあったところを選びましょう。

お酒の値段

次にお酒の金額については、それなりに予算を見ておきましょう。

大体の場合、名入れ酒は贈答用を想定しています。贈答品はそれなりに華やかで品もあり質も良いため、そこそこの費用を考えたいところでしょう。

最低でも5000円くらいが多いのですが、こだわると1万円を超えるものも少なくありません。

金額的にはボリューム感のあるものが多いものです。このため、ある程度予算は考えておきましょう。

そして、名入れにする場合はその経費がかかる場合もあります。

別途写真を使用するならその費用がかかったりデザイン料がかかる場合もあります。オプションとしているところの場合、やはりそれなりに金額は覚悟しておきたいところです。

ただし、代金をコミコミにしているところもありますので、予算オーバーになりそうなら込みのものを選びましょう。

 

まとめ

日本酒

古希になってもお酒を楽しむ人ならば、お酒はやはり良いものです。

特にお酒のプレゼントは改まったものでもありますし、嗜好的にもかなりオススメできます。

贈り物にとても向いていますので、家族全員が感動するような工夫をこらしたお酒を準備しておくといいでしょう。

古希のプレゼントに向いているシャンパン

LINEで送る
Pocket