古希の父母

古希祝いのプレゼントに何を贈ろうか悩まれている方は多いのではないでしょうか。

数え年70歳をお祝いする古希祝いは人生の節目の一つですが、還暦祝いと比べるとあまり注目されていません。

そこで、この記事では、喜ばれる古希祝いのおすすめのプレゼントとその選び方についてご紹介していきます。

■古希祝いでプレゼントを贈る際に意識すること

70歳のお祝いのプレゼントを贈る際に意識すること

日ごろお世話になっている父母、祖父祖母などに古希のお祝いをする人は多くおられます。

以前は長寿のお祝いというとそれぞれのカラーに合ったちゃんちゃこや頭巾などを贈るのが習慣化していましたが、現在では伝統や風習にかかわらず相手に喜ばれるものを贈ると良いとされています。

そのため最近では、日頃から使いやすい実用的なアイテムや古希祝いの記念となるもの、趣味につながるものなどを贈る方が多くいらっしゃいます。

そして、古希祝いではプレゼントと一緒に気持ちのこもったメッセージを添えることをおすすめします。

普段感謝の言葉を伝える機会がない人や、感謝の言葉を伝えるのが照れくさいといった人でも、このチャンスにプレゼントと一緒に感謝の気持ちを伝えるのは大切なことです。

できるだけ直接会って、古希のプレゼントは手渡しをすることが大事です。

遠方に住んでいて手渡しできないのは仕方がありませんが、手渡しをすることでそのときに一緒に日ごろの感謝の言葉を伝えることもできます。

感謝の言葉があると、もらった方もとてもうれしい思い出になります。

■喜ばれる古希祝いのおすすめプレゼント

ギフト

古希祝いのプレゼントの相場としては、両親の場合は1万~10万円、祖父母の場合は1万~3万円、親戚の場合は5000円~2万円程度となります。

相場は相手との関係性や親しさ、住む地域などによって異なりますが、相場を意識しながら古希祝いのプレゼントを選んでみましょう。

・カタログギフト

古希のプレゼントとして喜んでもらえるものの1つに、カタログギフトがあります。

70才を迎える方が、喜んで使えるものが多くのっているカタログギフトです。

カタログギフトであれば、相手の必要なものを選んでもらえます

そのため、贈る方も気が楽ですし、もらう方もうれしい気持ちになれます。

実用的なものも多いですし、インテリア雑貨などもありますし、食品もあります。

多くのものの中から選んでもらうことができるので、安心してプレゼントできます。

・実用的な食器類

コーヒーカップ

そのほかには、食器も喜んでもらえるプレゼントです。

湯飲みとかコーヒーカップなど、お茶を飲むときに毎日使うことができます。

その食器に名前とかメッセージをいれてもらうこともできます。

名前とかメッセージの入ったプレゼントであれば、世界にたった一つだけの喜んでもらえる贈り物になります。

お茶碗なども毎日使うものです。

毎日使うことで、古希のお祝いの思い出を思い出してもらうことができます。

食器と同じくらい人気があり喜んでもらえるものに、お箸もあります。

お箸も名前を入れてもらうことが可能ですし、毎日使うことができます。

古希のお祝いには、毎日使える実用的なものがほしいと思っている人は結構おられます。

インテリア雑貨でもいいのですが、インテリア雑貨を贈る場合には、相手の好みをきちんと把握していないと失敗する可能性があります。

しかし、実用的なものであれば、たいていの人は喜んで使ってくれます。

・思い出づくりに旅行

70才になると、そこまでほしいものがないという人もおられます。
 
そのような人に古希のお祝いをする場合は、旅行券を贈るのもおすすめです。
 
旅行券であれば、好きなところに旅行にいっていろいろな思い出を作ってもらうことができます。
 
旅行に1人でいってもらうのもいいですし、夫婦二人でいってもらうのも良いです。
 
また、孫とか子どもも含め家族みんなでどこかに旅行に行くのも、とても良い思い出になります。
 
旅行だったら、素敵な思い出を作ってもらうことができますし、ほしいものが特にないという人でも喜んでくれます。
 
あまりほしくないものを贈るよりも、旅行のような素敵な思い出を作ることができるものの方が喜ぶ人は絶対におられます。
 

・定番の花束

バラ

また、特に女性が喜ぶものに花束があります。
 
花束は、お祝いの席を華やかにしてくれますし、もらった人はたいてい喜んでくれます。
 
70歳という年齢に合わせて、70本のバラを贈るという人もおられます。
 
花束を贈ってみんなで写真を撮影するのもおすすめです。
 
その写真を家に飾っておくこともできますし、すごくいい思い出になることは間違いありません。
 

・世界にひとつだけの似顔絵ポエム

最近は似顔絵ポエムを贈る人も多いですし、もらった人も喜んでくれます。
 
似顔絵もポエムもプロの人が描いてくれます。
 
プロに似顔絵を描いてもらい、ポエムには日ごろの感謝の気持ちをいれてもらいます。
 
玄関とかリビングなどに飾り、いつもそれを見て思い出してもらうことができます。
 
玄関に飾っておいたら、お客さんが来たときにも見てもらえます。
 

せっかくお祝いをするなら相手に喜んでもらえるものを贈ることが大事になります。

そして、渡す時には、感謝の気持ちを伝えることも大切です。

LINEで送る
Pocket