男性への古希祝い

70歳を迎えた長寿のお祝いを古希と呼びます。

現在の日本は長寿の国となっており、70歳でもまだまだ元気ですが、昔は平均寿命が50歳でしたので、70歳まで生きられることは稀なことであり、そのお祝いをしようというところから始まりました。

古希以外にも、長寿祝いはいくつか存在しており、日頃の感謝と長生きをお祝いする気持ち、今後も元気でいて欲しいという気持ちを込めてお祝いしたいところですね。

お祝いする際には、食事会を開くことが多いですが、その席でプレゼントを渡すと場が盛り上がりますし、古希を迎える方も喜んでくれるでしょう。

この記事では、男性向けの古希のお祝い用プレゼントの選び方についてご紹介します。

 

■古希のプレゼントで気をつけること

注意点

その古希のお祝いとしてプレゼントを渡す際には気を付ける点があります。それは色です。

60歳の還暦には赤いちゃんちゃんこが定番となっていますが、赤色には魔除け、暦が一周して赤ちゃんに戻る、といった意味が込められています。

同様に古希には紫色のものを贈ると良いとされています。これは70歳まで生きたという敬意を払う意味が込められています。

紫色というのは昔から特別な色とされており、高貴な人しか身に付けることが出来なかったといわれています。

そうした色をプレゼントすることにより、相手に敬意を払うと同時に長寿を祝います

そして、実際に相手に渡すプレゼントですが、基本的に紫色といった点をテーマにしたものを選べば、それ以外は特に決まりはありません。

しかし、折角なので相手に喜んでもらいたいものです。

特に長寿のお祝いなので、この先も思い出に残るようなものを選んでプレゼントにすることが一つのポイントとなります。

また、男性に渡す際にはその好みと傾向を把握して選びましょう。

縁起

紫色以外の色物を贈っても問題はありませんが、「白」や「黒」といった不祝儀を連想させるような色合いは避けた方が良いでしょう

「白」や「黒」といった単色は控えるべきですが、ほかの華やかな色合いが組み合わさっていれば問題はありませんので注意しておきましょう。

また、弔辞の時に使われる「お茶」、「苦」と「死」の両方が入っている「櫛」、仏花に使われる輪菊や小菊、花首から落ちる椿など、縁起の悪いものは避けた方が良いでしょう。

古希祝いはこれからの健康や長寿を願う場であり、明るい気持ちになれるようなプレゼントが望ましいです。

使う機会が多く便利そうなハンカチも、漢字で書くと「手巾(てぎれ)」と書くため、受け取る相手によっては印象が悪くなってしまいます。

もちろん、手紙を添える、イニシャルの刺繍を入れるなど、縁起の悪い印象を与えない方法もありますが、古希を迎える方の気持ちを一番に尊重することが大切です。

こういった縁起の悪いアイテムは避け、気持ちよく受け取ってもらえるプレゼントを選びましょう。

年齢

長寿祝いの一つである古希祝いではありますが、年齢を感じさせるようなプレゼントはふさわしくありません

例えば、老眼鏡や杖、補聴器といったアイテムは一般的に贈らない方が良いとされています。

これからの活力につながるような旅行のプレゼントや、食事の時間が楽しくなるようなお茶碗やお箸、湯呑、お洒落を楽しめる洋服やファッションアイテムなどが良いでしょう。

身につけるプレゼントでは、地味なものよりも身につけるだけでぱっと明るくなるようなものがおすすめです。

 

■男性へのプレゼント例

湯呑み

男性へのプレゼントですが、70歳となるとほとんどの方は仕事を退職していますので、仕事関係ではなく日常使えるようなものが良いでしょう

ここでは、古希を迎える男性に喜ばれるプレゼント例についてご紹介していきます。

・食器

定番なのは家で長く使えるもので、食器があります。

特別なもので部屋に飾るものもいいですが、食器だと毎日使うこともできます。

また、お酒が好きな人であれば酒器もよいでしょう。

毎日の晩酌に楽しみを増やすことができます。

・お酒

70歳のお祝いに喜ばれるお酒のプレゼント

酒器だけでなくてお酒自体を贈るというのも一つの方法です。

普段飲むことのない高級なワインや日本酒などを贈ればお酒好きは非常に喜んでくれることでしょう。

日本酒などはただ購入するだけではなく、瓶のラベルにメッセージを入れることがおすすめです。

そうすれば飲んだ後の瓶もインテリアとして飾っておくこともできます。

酒好きな父への古希祝い!おめでたい席に最適なお酒の選び方や名入れ酒の注文方法について

・財布

新たな門出をお祝いするプレゼントとして財布を選ばれる方も多いです。

財布は長年同じものを愛用する方が多いため、古希祝いを機に新しいものをプレゼントしたいと思う方が多いようです。

また、財布を受け取る側としても、いつも持ち歩ける実用的な財布のプレゼントは喜ばしいものです。

財布を選ぶ際には、古希を迎える方が長年愛用していた財布と似たデザインのものを贈ると抵抗なく使ってもらえるでしょう。

せっかくの古希祝いのプレゼントですから、一部分にテーマカラーの紫色が取り入れられたものを選ぶのも良いですね。

・プリザーブドフラワー

バラ

その他定番の品として特別な感じを演出したいのであれば、お花があります。

現在は枯れることのないブリザードフラワーがありますので、部屋に飾って長く楽しむことが出来ます。

色はもちろん紫色の花を選ぶことです。

さらに長寿のお祝いと感謝のメッセージカードなどを添えれば、定番ですが特別な日を演出することができます。

古希のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

・万年筆

男性ならではとして書き物が多い人であれば万年筆がおすすめであり、自分の相棒として愛用してもらえるでしょう。

特に、筆がまめなお父さんであれば万年筆のプレゼントがおすすめです。

古希祝いをはじめとする長寿祝いでは、万年筆をプレゼントする方が増えています。

最近では万年筆の有名ブランドでも長寿祝い用の万年筆が販売されていますから、古希祝いにピッタリのプレゼントになります。

また、名前が刻印された名入れの万年筆も人気を集めており、世界で一つの特別な贈り物を贈りたい場合には検討してみましょう。

全部紫色のものを選ぶと使うのに躊躇する方も多いと思いますので、どこかにワンポイントだけ紫色を差し色として取り入れる方が良いでしょう。

万年筆などの文房具は目上の人に贈ると「勤勉であれ」といった悪いイメージに取られる恐れがありますが、家族に贈る場合には問題はありません。

古希のプレゼントに万年筆が人気の理由

・旅行

旅行

そしてモノではなく特別なものとしては旅行という方法もあります。

70歳まで生きてこられた方は欲しいものはこれまでの人生で手に入れてきたといった人や、自分なりの拘りがあるという人もいます。

そのため、モノではなく仕事で忙しく、これまでいろいろな場所に行っていない、そういった人におすすめのプレゼントです。

夫婦で高級旅館や温泉宿に行ってこれからの夫婦の絆を深めるもよいですし、今の時代なら高齢者向けの海外旅行ツアーもたくさん用意されていますので、そうしたツアーに行くのもよいでしょう。

古希祝いの旅行先・宿泊先はどこにする?おすすめの選び方と予算を解説

・趣味に使う道具

それ以外では退職して新しい趣味を見つけたいという男性も多いと思います。

楽器や盆栽、スポーツなど現在は元気な高齢者が増えてきていますし、健康で生き生きとした老後を過ごすためにもそうした趣味は必須です。

そこで趣味を始めることのできる道具を贈るのも非常に喜ばれます。

LINEで送る
Pocket