Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:oia-416136_1280.jpg

古希祝いに旅行をプレゼントしたい!でも旅行先はどこにすればいいのか?そもそもプレゼントに旅行はありなのか?と悩んでいる方は多いはず。

今回は古希祝いの旅行について解説。本記事でおすすめの選び方や予算、古希祝いの旅行先を決めてプレゼントしましょう。

 

1、古希祝いには旅行をプレゼントしよう!

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:globe-3383088_1280.jpg

古希祝いは還暦祝いの次に訪れる長寿祝いです。還暦は60歳ですが、古希は70歳で祝います。古希祝いは還暦と同様に中国が発祥で、国を代表する詩人の一節「人生七十古来稀」に由来します。

この詩は70歳まで生きる人は少ないという意味です。 当時は70歳を迎える方が珍しかったためこのような詩が読まれたと言われています。

古希祝いの「希」という字は元々「稀」が使われていました。ただ現在は一般的な「希」を使い古”希”祝いと書きます。 現在の平均寿命から考えると還暦よりも古希の方が長寿祝い的な意味合いが強いです。還暦と同様に古希祝いもしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

・旅行がおすすめの理由とは?

古希祝いのプレゼントに悩む方は増えています。欲しいものをプレゼントするのもいいですが、体験をプレゼントすることで思い出に残ります。

古希を迎えた方だけでなく、周りの人の思い出にも残る旅行は古希祝いに最適なプレゼントのひとつです。もちろん、一般的なプレゼントに比べると計画を立てたり、費用を工面したりと手間がかかります。

この中でも一番迷うのが旅行先宿泊先選び。日程や予算でも大変なのに旅行先や宿泊先は悩みやすいです。

古希祝いに旅行をプレゼントすることは決まっているけど、ほかのことが決まっていない方はぜひ参考にしてください。

 

2、古希祝いの旅行先・宿泊先の選び方と予算を解説

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:airport-690556_1280.jpg

それでは古希祝いの旅行先・宿泊先の選び方、そして予算を解説します。ここで選び方と予算を理解して素敵な旅行をプレゼントしましょう。

・旅行先の選び方

まず旅行をプレゼントするときに肝心なのが旅行先です。旅行先選びで一番優先すべきは古希を迎えた方の意見。どこか行きたいところがあれば、その場所の旅行をプレゼントしましょう。

もし特定の旅行先がない場合は、家族や親戚で相談して決めるといいでしょう。この際に大切なのはできる限り近場を選ぶこと。古希を迎える年齢になると足腰が弱っていたり、人によっては持病を持っていたりするかもしれません。

移動に時間がかかる場所だと疲労が蓄積して症状が悪化することがあるので、できるだけ近場の旅行先がおすすめです。家族や親戚で旅行先を選ぶときもこの点に注意しながら選んでください。

・宿泊先の選び方

旅行先が決まったら続いて宿泊先を決めましょう。宿泊先は旅行においてもっとも重要です。宿泊先が悪いとリラックスできなかったり、嫌な気分が残ったりしてしまいます。そのため旅行先よりも徹底リサーチして宿泊先を選びましょう。

宿泊先は大まかに分けて旅館とホテルの2つ。実はこの2つの宿泊先は旅館業法と呼ばれる法律に基づいて運営されています。法律で定められている内容によってホテル営業、旅館営業、簡易宿泊営業、下宿営業に分類。

旅館は客室が5室以上、ホテルは客室が10室以上など宿泊施設の設備によって呼び方が変わります。その上で旅館やホテルにはどんなメリット、デメリットがあるのか確認しておきましょう。

-旅館

メリット:サービスが充実している、食事を運んでくれる
デメリット:コミュニケーションが多い、ルールに従う必要がある

基本的に旅館はサービスが充実しています。部屋に料理を運んでくれたり、布団を敷いてくれたりと自分でやらなくても準備してくれるのは嬉しい点。また施設が充実しており、大浴場や旅館ごとの施設を利用できます。

一方で仲居さんとコミュニケーションをとる機会が多いことや、旅館によってルールが違う点などがあるため、場所によっては居心地が悪く感じるかもしれません。

-ホテル

メリット:自分で選んで利用できる、自由度が高い
デメリット:自分で選ばなければいけない、施設が充実していないこともある

ホテルは旅館のように仲居さんがいない代わりに、自分で選んで利用できる点が多いです。食事なども併設された場所でとることが多いので、自分で時間を選べる点はメリットです。

一方デメリットはすべて自分から手配しなければいけない点。部屋からいちいち電話して伝えなければいけないので、場所によってはリラックスできないこともあります。

旅館やホテルのメリット、デメリットを理解した上で宿泊先を選びましょう。もちろん、有名な旅館やホテル、プランが充実した宿泊先などメリット、デメリットを考えずに選んでも構いません。

最近では長寿祝い向けのプランも用意されています。長寿祝いに適した食事を用意してくれたり、古希祝いにちなんだアイテムを用意してくれたりするのでおすすめです。総合的に考えながら宿泊先を決めてください。

・旅行の予算は?

旅行をプレゼントするときに悩むのが予算のこと。予算の相場は宿泊先や滞在日数、人数によって異なるので、具体的な予算を提示するのは難しいです。

そこである三重県にある「いにしえの宿 伊久」を参考に1泊2日、6人で旅行する場合の宿泊費を計算してみました。「いにしえの宿 伊久」では「四季折々の会席料理と「長寿の湯」で伊勢を満喫♪」という長寿プランを用意しています。

こちらは50歳以上の方が1名でも入れば予約できるプラン。四季折々の旬の食材を使った懐石料理、そして長寿の湯と呼ばれる天然温泉が用意されています。

プランは1室2名までで一人あたりの宿泊費は1泊2日3万780円、二人で6万1,560円になります。家族や親戚と同じ旅館に泊まる場合に同じ宿泊費がかかるとして計算。3万780円×6人で18万4,680円となります。

またこの宿泊費にプラスして交通費がかかるので注意してください。宿泊費の相場としては1泊2日、6人で20万程度を軸に考えておくといいでしょう。もちろん、人数や滞在日数、プランなどによって相場は変動します。

・旅行の注意点

最後に旅行先・宿泊先を選ぶ際の注意点を紹介します。旅行は計画が重要です。予約してからキャンセルを行うとキャンセル料が取られます。またお子さまがいる場合はホテルや旅館によって料金が変わるのであらかじめ確認しておきましょう。

旅行先や宿泊先が決まったら参加する人の日程を確認、交通手段の確認も済ましてスムーズに旅行できるように努めてください。

 

3、古希祝いにおすすめの旅行先10選

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:beach-1869523_1280.jpg

古希祝いの旅行先に悩んでいる方におすすめの旅行先を紹介します。旅館やホテルが充実した旅行先を選べば喜んでもらえること間違いなしです。それではさっそく古希祝いにおすすめの旅行先7選を見ていきましょう。

・沖縄

観光スポットが豊富に存在する場所といえば沖縄。1年を通して過ごしやすい気候なので旅行には最適。古希祝いを迎えた方はもちろん、お孫さんも喜んでくれること間違いなしの場所です。

日本最南端の水族館である「美ら海水族館」や世界遺産に登録された「首里城」など幅広い年代が楽しめるスポットが多いのも魅力的です。ホテルや旅館も沖縄色が色濃く出たものが多いので、旅行気分を最大に味わえますよ。

・北海道

沖縄と正反対の場所に位置する北海道も人気の観光スポットです。グルメや自然、歴史ある建造物など多くの場所で観光を楽しめます。また季節によって雪景色を楽しんだり、気候の穏やかな自然を楽しんだりと、楽しみ方が豊富です。

旅行先に意見が分かれている方は総合的に楽しめる北海道がピッタリ!雄大な自然の中で古希を祝ってください。

・広島

広島は2つの世界遺産がある観光スポットです。原爆ドーム厳島神社はもちろん、マツダミュージアムやお好み焼き館など観光地が豊富です。さらに広島焼きやカキなどグルメもたくさんあります。

おいしいグルメを堪能しつつ、世界遺産を見て旅館やホテルに泊まる。そんな充実した古希祝いを送りたいなら広島がおすすめです。過ごしやすい春や秋頃に旅行しましょう。

・京都

国内のみならず海外からも人気の高いスポットといえば京都です。京都の魅力といえば歴史的な街並みや神社です。中でも神社めぐりは古希を迎えた方におすすめです。

清水寺高台寺建仁寺八坂寺など京都には有名なお寺が数多く存在します。また歴史ある旅館も多いので宿泊には最適。老舗の旅館で素敵な古希祝いを迎えましょう。

・石川

北陸新幹線の開通によってより注目されている石川県。中でも石川県金沢市は古希祝いに最適な旅行先です。季節によって表情を変える兼六園。全国的に注目度の高い金沢21世紀美術館。おいしいグルメが揃った近江町市場などなど。

数多くの観光スポットで1日中楽しめます。さらに歴史ある旅館やホテルで古希祝いを祝ってください。

・箱根

都心から旅行に出かけるなら箱根がおすすめです。箱根といえば美術館博物館レジャー施設など数多くの観光スポットを始め、季節に合わせたさまざまなイベントが開催されている観光地です。

関東近辺に住んでいる方は行きも帰りも楽なので古希祝いを機会に箱根旅行をプレゼントしましょう。また箱根は温泉が有名な観光地でもあります。リラックスできる温泉のある旅館やホテルを選んで古希祝いを楽しんでください。

・四国

香川、徳島、愛媛、高知、四国は観光スポットが豊富で人気があります。香川県といえば古建築の博物館である四国村。徳島は鳴門の渦潮が有名です。愛媛は日本最古の温泉街の道後温泉本館。高知は室戸岬が人気です。

四国には数多くの観光スポットはもちろん、旅館やホテルも多いので近くに住んでいる方は古希祝いの旅行先に四国を選んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:vw-bus-1845719_1280.jpg

古希祝いの旅行先・宿泊先の選び方や予算を紹介しました。長寿祝いのプレゼントに旅行を選ぶ際はさまざまな注意点が存在します。トラブルなく旅行するなら事前の計画が重要です。

本記事で旅行先・宿泊先の選び方や予算、おすすめの旅行先を知って素敵な旅行をプレゼントしてあげてください。少しでも迷ったら本記事を参考に旅行先を選びましょう。

LINEで送る
Pocket