ケーキ

70歳をお祝いする古希祝いでは、いつもより豪華な食事を準備して自宅でお祝いしたり、レストランや料亭などを予約して外食したりなど、家庭によりお祝いの方法が異なります。

 

ただ、食事会を開く際には、本人好みの料理を用意する、身近な人に連絡をしてスケジュールを考えるなど、主役となる方や周りの方への配慮が必要。

 

そこで、この記事では、古希の食事会の流れや食事会に参加する方への連絡方法、喜ばれるサプライズについてご紹介します。

古希の食事会の流れ

 

古希祝は還暦に続く長寿祝いとして古くから親しまれてきたものです。

 

かつては人生五十年、と言われるほど短命だったものが、現在の日本では平均寿命が男女ともに80歳を超えるほどの長寿国になりました。

 

古希の由来は、中国の詩に「人生七十古来稀なり」と読まれていることが由来となっています。

 

周りを見渡してみても、70代はまだまだ元気、長寿というには早すぎるという雰囲気があるかもしれません。

 

しかし、年上の人間を敬い感謝するという日本の風習ですので、節目節目のお祝いの気持ちを大事にしていきましょう。

 

長寿祝いはこうあるべき、という決まりごとはありませんが、最近では親族が集まって食事会などを行うことが一般的になっています。

 

遠く離れた兄弟や子供がいる場合はせっかくのチャンスですので、呼び寄せて楽しいひと時を過ごせるように計画しましょう。子供や成人した孫が音頭を取って取り仕切るとスムーズに事が運びます。

 

かつては本人とその家族が長寿祝いの主催者となっていましたが、現在ではその線引きもあいまいです。古希を迎える本人に近しい人がみんなを取りまとめるようにしましょう。

 

まずは本人の意向や健康状態に留意して、無理のない範囲で食事会の規模を決めます。招待客がいる場合は早めに連絡しておきましょう。

古希の食事会は自宅でするかお店でするか

 

古希の食事会をどこでするかは本人にとってどのような会がふさわしいかを考えて決めましょう。

 

70歳といってもどこまで動けるかというのは人それぞれ。外食や旅行が大好きという人もいれば、自宅でゆったりしていたい、という人もいます。

古希祝いをお店でする場合

古希祝いをお店でお祝いする場合、自宅で準備をする必要がありませんのでお祝いする側は楽になります。

 

還暦祝いを含め長寿祝いでの食事会はレストランを予約する方が多い傾向にあります。

 

レストランなどのお店では、場所によっては個室も用意されているところもありますので、家族水入らずの時間を楽しむこともできるでしょう。

 

老舗のお店では長寿祝いのメニューやサービスがあることもありますので、調べてみましょう。

 

ただ、古希祝いの食事会をお店でする場合は予約が必要ですので、あらかじめ人数や日取りを決めておかなければいけません。

 

予算は子供たちが出し合ったり主催者が持つことにして、血縁ではない招待客がいる場合は、金銭は受け取らないようにします。

 

そうなると、予算のことも考えて無理のない範囲で開催しなければいけません。

古希祝いを自宅でする場合

古希祝いを自宅でする場合には、家族や親族がのんびり過ごせるというメリットがあります。

 

せっかく家族や親族が集まってくれたのだから周りを気にせずに家族の時間を楽しみたい、と考えている方なら自宅で古希祝いを行ってあげた方が良いでしょう。

 

古希祝いを自宅で行う場合は人数の制限や料理の手配などをどうするか決めましょう。

 

持ちよりパーティーや仕出しなどを利用してなるべく主催者の負担にならないような工夫をするといいかもしれません。

大事なのはお祝いする気持ち

お祝いは盛大なものからささやかなものまでありますが、お店も自宅もどちらが正解ということはありません。

 

大事なのは気持ちですので、家族だけでも心のこもったお祝いができるように心がけましょう。主催する家族の負担が大きくなりすぎないようにみんなで協力して開催してください。

古希の食事会に参加する方への連絡方法

 

食事会の日程が決まったら、さっそく招待客をリストアップし、連絡を始めましょう。

 

遠方の親族などへも連絡して参加してもらうようにお願いしますが、ごく親しい間柄ならば書面でなくても電話やメールで簡単に済ませても問題ありません。

 

招待状などを送って、逆に他人行儀なイメージを持たれるといけません。食事会の規模によっても招待の方法は変わります。

 

自宅で小さな会食を開く場合は声をかけて集まればよいですが、立派な会場を手配して豪華な食事会を開くなら形式にのっとって招待状などを作っても素敵です。

 

ただ、参加人数が増えれば増えるほど主催者と本人の負担も大きくなりますので、最初から無謀な計画を立てないようにしましょう。

 

家族以外の友人、知人を招待する場合は、本人の確認を取って本当に会いたい人、所縁のある人を厳選してください。

 

一緒にお祝いをしてください、という気持ちを大事に主賓である本人同様に敬意を持って対応します。

 

70代に突入する古希祝いは、本格的な長寿の仲間入りをしていく時期ですので、本人にとっても家族にとっても感慨深い時間です。

 

その温度を一緒に分かち合えるような親しい人を迎えて、楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

古希の食事会でのサプライズ

 

古希祝には何かサプライズでプレゼントをしたいと考えるなら、長寿祝いに人気のギフトを調べてみましょう。

 

傾向として、高価で珍しいものよりも、特別感のある気持ちを込めたプレゼントの方法がポピュラーとなっています。例えば、手紙や似顔絵、誕生した日の新聞の復刻版、名入れ酒などです。

 

名入れ酒とは、日本酒や焼酎のラベルをオリジナルで作成できるサービスで、名前や一言メッセージ、感謝の言葉などがプリントできるので、世界に一つだけのプレゼントとして喜ばれています。

 

中身も本格的なので、味にうるさいお酒好きの人にも好評です。

 

還暦のお祝いには赤いちゃんちゃんこを着るように、古希のお祝いでは紫をテーマカラーにした装飾をします。プレゼントにもこの紫を基調にしたりポイントとして使うとおしゃれです。

 

長寿祝いのコツは年寄り扱いではなく、若々しく元気ができるような品物を贈るように心がけることです。

 

古希のお祝いをしたことによって、ますます元気で長生きをしたい、と思わせるような演出を心がけましょう。

 

本人にとって何よりも嬉しいのは、自分の周りに家族が集まり笑顔で会話を楽しんでいる姿です。そのことを忘れずに、感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

LINEで送る
Pocket