ギフト

70歳を迎えたことをお祝いする古希のお祝いには、家族であれば食事会を開いたり、その場でプレゼントを渡したりする方も多いでしょう。

 

ただ、古希祝いのプレゼントは喜ばれそうなものなら何でも贈って良いわけではなく、いくつかNGなプレゼントというものも存在します。

 

相手を思って選ぶものですから、できればふさわしくないプレゼントは避け、心から喜んでもらえるプレゼントを選びたいところ。

 

そこで、この記事では、古希にNGなプレゼントや、現役で働いている方・引退された方に分けて古希祝いのプレゼント選びの基準についてご紹介します。

 

古希にNGなプレゼント

 

古希とは70歳を迎える年を祝うもので、60歳を迎えたことを祝う還暦よりも、さらに長生きした方たちであることをしっかりと頭に入れて、プレゼント選びを行うことが肝心となります。

 

そんな古希のお祝いとして贈るのにNGなプレゼントとしては、縁起の悪いものを代表例として挙げることができます。

 

せっかくの長寿のお祝いであるにもかかわらず、例えば死を連想させるようなものをプレゼントに選んでしまっては、もらった相手に嫌な思いをさせてしまう恐れがあります。

 

死を連想させることの例としては色に関係するものがあり、黒一色のものはもちろん良くないですが、黒と白の二色で構成されているものも、お葬式の際の鯨幕をイメージさせてしまうため、贈るべきではないと言われています。

 

「死」を連想させるアイテムのほか、老眼鏡や補聴器などの「老」を連想させるアイテムや、くしなどのように「苦」を連想させるアイテムも古希祝いにふさわしくありません

 

また、プレゼントとしてお花を贈るということは珍しくありませんが、その場合のお花の種類の選び方に関しても、縁起が悪いものは避けなければなりません。

 

例えば仏花として使用される、花の部分がポトッと落ちてしまう様子が、首が落ちる様子を連想させると昔から言われてきた椿、死と苦を名前から連想させてしまうシクラメンなどはNGです。

 

また寝たきりを連想させる寝具や、踏みつけにするので年長者に贈ると失礼に当たると言われる履物なども、古希にNGなプレゼントだと言われています。

古希祝いのプレゼントとして贈って良い花と贈ってはいけない花

 

古希でも現役で働いている方へのプレゼント

 

古希を迎える方は70歳だということから、若い人からすればお年寄りに見えるのは仕方がないでしょう。

 

しかし昔ならいざ知らず、現在ではまだまだ元気な世代であることも確かです。

 

なのでまだ現役バリバリで働いているという人も少なくないので、そういった方に対してプレゼントを贈る場合には、その点を念頭に置いたプレゼント選びをすることも肝心となります。

 

古希でも現役で働いている方へのプレゼントとしてまず考えられるのは、仕事で役に立つものです。

 

この場合には、その方がどういった仕事に就いているかによって何を選ぶかが当然変わってきます。

 

例えば会社勤めをしている方に対しては、名前の入った万年筆や高級ボールペンといった文房具、農業や漁業をしている方や、工事現場などの屋外で働いている方には、吸汗性に優れた高級なタオルといったように、実用性の高いものを選ぶのです。

 

またネクタイや腕時計のような、仕事場に着用して行けるファッションアイテムを選ぶのも良いでしょう。

 

また高齢になっても仕事を毎日続けていると、どうして体に疲れが溜まっているだろうということで、それらを解消できるようなプレゼントを選ぶというやり方もあります。

 

例えば肩こりに悩まされている方であれば肩用のマッサージ機、長い時間立ち仕事をするので足が疲れているという方にはフットマッサージャーなどが良いでしょう。

 

現役を引退された古希の方に対するプレゼント

 

70歳になってもまだ働いている方もいれば、すでに現役を引退して悠々とした老後を送っているという人もいるでしょう。

 

老後の楽しみ方には色々なものがありますが、趣味を楽しんでいるという人は特に多いはずです。

 

なので現役を引退された古希の方に対するプレゼントとしてまず考えられるのは、その方の趣味に合ったものを挙げることができます。

 

もちろんこの場合も、その方の趣味が何であるかによって、贈るプレゼントは変える必要があります。

 

例えば釣りが好きな方には、釣り竿やルアーなどの釣り用品、ゴルフをプレーするのが趣味の方には、性能の良いゴルフクラブや若々しさの感じられるゴルフウェア、絵を描くのが好きな方には、絵の具や筆などの画材と言ったようにです。

 

また現役を引退して老後の生活に入っている方の中には、時間を持て余しているという人も少なくないでしょう。

 

そういった方に対しては、家族での旅行という、形のあるものではないではないプレゼントをするというのも良いでしょう。

 

特にそれまでは仕事が忙しくて、なかなか旅行に好く機会がないまま年齢を重ねてしまったという方には、家族での旅行は引退したからこそ楽しめ、そして素晴らしい思い出として心に残るものになると言えます。

 

これまでの感謝を伝えられる古希のプレゼント

 

プレゼントを贈る場合には、その相手はどういったものをもらったら嬉しいかを考えることが肝心で、そのためには相手が何を好んでいるか、何を使いたがっているかが重要な要素となるのは確かです。

 

しかしそういったプレゼントは、古希という人生の節目を迎えなくても送ることができるものとも言えるでしょう。

 

古希を迎えるという特別な時だからこそ、普段とは違うプレゼントを贈った方が良いという考え方もできるのです。

 

そういったものの代表的な例として挙げられるのは、自分の感謝の気持ちを伝えられるプレゼントです。

 

両親や祖父母など、親しい間柄の相手であれば、普段は照れくさくてなかなか感謝の気持ちを伝えることがないという人は多いでしょうから、古希を良いきっかけにするのです。

 

・手紙

そういったプレゼントの例としては、感謝のメッセージを記した手紙をまず挙げることができます。

 

長文を書くのが苦手という方は、メッセージのような形にして2~3文の文章で気持ちを伝えても良いでしょう。

 

手紙を書く際には、しっかり効果的に相手へ感謝の気持ちを伝えることがポイントとなってきます。

 

文章自体は短くても良いのでしっかり相手への気持ちを伝えることが大切です。

 

手紙だけでも良いですが、それに何か形のあるプレゼントを付けると、記念となるのでさらに喜ばれるかも知れません。

古希祝いに感謝の気持ちを伝えるメッセージ例

 

・名入れ酒

感謝の気持ちを伝えたい人の多くが選んでいる名入れ酒を贈るのも、相手がお酒の嫌いな方でなければ良い選択となるでしょう。

 

名入れ酒のラベルには、その方の名前以外にも感謝のメッセージが入れられる場合もあるので、できればそういった言葉を付け加える方が望ましいと言えます。

 

最近では、名前やメッセージ以外にもラベルの成分部分を「愛情」「感謝の気持ち100%」といったようにオリジナルの言葉に変えることができるサービスも人気です。

 

名入れ酒は飲んでいる間も幸せな気持ちになりますし、古希祝いが終わった後も部屋に飾って手元に残すことができる記念品の要素もあるのが良いところです。

 

名入れ酒を見るたびに古希祝いの日の思い出を思い出したり、家族の愛情を感じたりしてもらえるでしょう。

酒好きな父への古希祝い

 

・名前詩

感謝やお祝いの気持ちを、古希を迎える方の名前に乗せてプレゼントできる名前詩もおすすめです。

 

近年、名前詩のプレゼントは長寿祝いの定番アイテムとなってきています。

 

可愛らしいイラストや、家族や本人の似顔絵を一緒に書いてくれる名前詩のお店もあります。

 

インターネットで検索すると多くのお店が出てきますが、お店によって仕上がりやサービスの内容などが異なります。

 

お店によって字のタッチや全体的な雰囲気が異なってきますので、相手の好みに合いそうな名前詩を書いてくれるお店を選びましょう。

LINEで送る
Pocket