古希に行うパーティー

古希をお祝いする際には、どのタイミングでお祝いしようか、どこでお祝いの会を開こうか、などタイミングや場所で悩むこともあるかと思います。

この記事では、古希祝いのタイミングや、古希祝いを外・自宅でする場合に分けて意識するポイントをご紹介します。

 

■古希祝いのタイミングについて

カレンダー

家族の古希祝いをしてあげようと思うのであれば、いつ行うのがいいのでしょうか?

長寿祝いのお祝いするタイミングとしては満年齢と数え年があり、どちらでお祝いするのが正解なのか悩む人もいるでしょう。

一般的には数え年で70才の時に行っていましたが、最近では満年齢で行うことが多くなっています。

どちらでしなくてはならないという決まりはありませんので、周囲の人たちの動向やタイミングを考えて行うといいでしょう。

例えば、GWなどの連休や、敬老の日、お正月など、誕生日付近に縛られずにみんなが集まれる日で計画をしましょう。

周囲の人たちが数え年で行っているというのに、自分だけがいつまでたってもお祝いをしてもらえないと思えば、本人は寂しい思いをしてしまうことになりますので、周囲に合わせることも大切です。

ただ、半年前や3カ月前に古希祝いの予定を決めて伝えても、「すでに家族との旅行の予定が入っている」など各家庭で予定が埋まっている場合もあります。

家族みんなを集めてお祝いする場合には、早めに予定を調整して遅くとも1年前にはいつ行うか連絡を入れておきましょう。

 

■古希祝いを外で行う場合には

食事会

古希祝いをするのであれば、本人に関わりの深い人を集めて行うようにしましょう。

祝い方としてはみんなで旅行に行くというのもいいですし、食事会などをパーティー形式で開いてみるのも喜んでもらえるはずです。

古希という年齢であればまだまだ元気な人が多いですので、みんなでどこかに旅行に行くのもいい思い出にすることが出来ます。

いくら元気だとはいってもあまりにもハードなスケジュールでは疲れてしまうことになりますので、若い人に合わせるのではなく本人に合わせるようにしなくてはなりません

ここでは、古希祝いを外で行う場合に意識することなどをご紹介します。

・サプライズを行う場合は調整をしっかりと

サプライズでお祝いをしてあげるのも喜んでもらえるかもしれませんが、万が一予定をしていた日に本人の都合が悪いということになってもいけません。

そのため、事前に確認をしておくほうが確実です。

遠くから親戚を呼ぶというのに、本人がいないのであれば何の集まりなのかわからなくなってしまいますので、必ず本人にも日程を伝えて調整をした方がいいでしょう。

・お祝い内容をお店に伝えておく

古希祝いでパーティーを開く場合には、レストランや懐石料理のお店など普段はなかなか行くことが出来ないようなお店を奮発して予約をしてみるのもよさそうです。

高級なお店はお祝いの席にはふさわしいですので、早めにお店に連絡を取るようにし、古希祝いの予約であることを伝えておきましょう

何のお祝いなのかを伝えることによって、提供してくれる料理を調整してもらいやすくなりますので、事前に伝えておくほうがお店としても調整をしやすくなります。

 

■自宅でお祝いをする場合には

ケーキ

本人が出歩くのがあまり好きではない人なのであれば、無理にパーティー会場を予約しない方がいいでしょう。

せっかく高級なお店を予約したとしても、本人がリラックスすることが出来ずに喜ばないのであれば意味がないからです。

喜んでもらうために古希祝いをするのですから、出歩くのが好きではない人なのであれば自宅で行うようにした方が喜んでもらえます

・ケータリングを活用すると良い

自宅で行うのであれば料理の準備が大変ですが、ケータリングなどをうまく利用すれば豪華な料理を用意することも可能です。

ケータリングは和洋中と好きなものを選びやすくなりますので、本人の好みに合わせて用意することが出来ます

孫などもたくさん来るからといって、孫を中心にした子供が好きそうなものばかりを選んではいけません。

子供が好きなものを選ぶことも大切ですが、主役を中心に考えたパーティーにしましょう。

・事前の空間作りをしよう

パーティーを開くときに自宅が狭いのであれば、当日までに親戚が集まれるくらいのスペースを確保できるように、家具などの移動を考えてもいいでしょう。

広い部屋になればみんなが集まってもゆっくりしてもらうことが出来ますので、長居をしてもらうことが出来ます。

久しぶりに親戚が集まったというのに、居心地が悪くてすぐにみんなが帰ってしまうのは、お祝いをされた方としてもさみしさが残る事になります。

自分のためにせっかく集まってくれたのであれば、みんなで昔話などで盛り上がりたいもの。

長い時間をみんなで過ごせるようにするためにも、くつろげる空間作りをするなど、必要な準備を早めに始めましょう。

古希祝いの食事会を実施する時の段取り

 

■古希祝いパーティーで用意するおすすめのプレゼント

70歳のお祝いにおすすめのプレゼント

親しい人が集まっての古希祝いパーティーで用意しておくと喜ばれるのが古希の方を思って選んだプレゼントです。

ここでは、古希祝いパーティーで用意しておきたいおすすめのプレゼントを5つご紹介します。

フラワーギフト

長寿祝いや誕生日のプレゼントの定番といえば、お花の贈り物です。

美しいフラワーギフトは場を華やかにするとともに、お祝いの雰囲気をさらに盛り上げてくれるでしょう。

古希の年齢に合わせた70本のバラの花束も良いですし、紫色の花を中心としたプリザーブドフラワーのプレゼントなども素敵です。

古希のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

食器

70歳のお祝いにおすすめの食器のプレゼント

古希祝いパーティーの場ですぐに使ってもらえるプレゼントとして、お箸やお茶碗、湯呑み、グラスなどの食器もおすすめです。

最近では食器類に名入れを施してくれるお店も多くありますので、古希祝いパーティーの場で名入れの食器をプレゼントすればインパクトがありサプライズにピッタリです。

長寿祝い専門のサイトでは古希のテーマカラーに合わせた食器が扱われているので、購入する際にチェックしてみましょう。

似顔絵や名前詩

古希祝いでは、本人そっくりの似顔絵や、名前を使ってメッセージを贈ることができる名前詩のプレゼントも人気です。

額縁やフレームに入った似顔絵や名前詩のプレゼントは見た目も良く、古希祝いの記念品としてふさわしい贈り物になります。

プレゼントする際に古希を迎える方が驚くことでしょうし、家族や親族との話のネタにもなるため場を盛り上げることができます。

名入れのお酒

70歳のお祝いにおすすめの名前入りのお酒

古希の方がお酒好きの場合には、名前やメッセージの入った名入れのお酒を用意しておくと喜んでもらえます。

「祝古希」「いつもありがとう」「感謝」といったメッセージのほか、古希の方の名前や贈り主の名前なども名入れ酒には入れることができ、記念品に最適と人気があります

古希祝いパーティーの際に家族で一緒に名入れ酒を楽しむというのも思い出に残る素敵な時間になるでしょう。

古希祝いのプレゼントに贈る名入れギフト!純米大吟醸【紫龍】オリジナル名入れボトル1800ml ¥17,800

ケーキ

家族や親族が多く集まる古希祝いパーティーの場合には、みんなでワイワイテーブルを囲めるケーキのプレゼントもおすすめ。

最近では表彰状をデザインしたケーキや、似顔絵やメッセージが入ったケーキなどもあり、インパクトのある思い出深いプレゼントになります

ただ、外で古希祝いパーティーを行う場合には、ケーキの持ち込みが断られてしまう場合があるため、事前に確認しておきましょう。

 

▽古希祝いパーティーのポイントについてまとめたこちらの記事も合わせておすすめです。

古希祝いパーティーを開催しよう!準備や会場選びのポイントをご紹介!

LINEで送る
Pocket