鶴

日本には人生の節目ごとにいくつか長寿祝いが存在しますが、古希とはどのような意味を持っており、どのようにお祝いするのかご存知でしょうか?

 

長寿社会となった日本では、長寿のお祝いというものがより身近となっており、できればきちんとした知識を持って家族やお世話になっている人などの古希をお祝いしたいところ。

 

そこで、この記事では、古希祝いの意味やお祝いの方法、古希以外の主な長寿祝いについてご紹介します。

 

古希祝いとは?

 

古希祝いは還暦に続く長寿祝いのひとつです。還暦は満60歳でお祝いするのに対し、それ以降は数え年で祝うのが通例です。

 

数え年とは、誕生月にかかわらず元旦にひとつ年を取る数え方で、70歳を祝う古希は実質69歳の元旦から祝えることになります。

 

このことから、長寿祝いの会は元旦から春先にかけて行うのが本来の形と言われています。

 

しかし、現在では誕生日に合わせたり、本人の都合に合わせて自由に計画を立てることが多いようです。

 

長寿祝いの方法に決まりや形式はありませんので、本人が希望する方法でお祝いをすることができます。

 

一般的には家族、親族が集まって食事会を開催したり、日ごろの感謝を伝えるプレゼントを贈ることが多いようです。

 

70歳というのはまだまだ現役で活躍している人もいれば、落ち着いた隠居生活を送っているという人もいて、健康状態なども個人差が大きくなってくる頃です。

 

年寄り扱いされることを快く思わないという人も中にはいますので、カジュアルな雰囲気やおしゃれで若々しいイメージが持てる祝い方を工夫しましょう。

 

どのような場合でも、本人が楽しめるような趣向を凝らして、遠方の親族も呼び寄せるなど、この機会を利用して家族の絆を深めましょう。

 

古希祝いの内容と意味

 

古希祝いの由来は中国、唐の詩人の「人生七十古来稀なり」という詩からきています。

 

本来「稀」という字を使うのですが、常用漢字ではないため「希」という漢字が使われることが多くなっています。

 

この詩の意味はそのまま「人生が70年を超えることは非常に珍しいことだ」となります。

 

今でこそ、日本の平均寿命は80歳を超えていますが、長寿祝いができた室町時代には50歳でも長生き、60歳を迎えることが珍しかったために還暦として祝う風習が出来上がったと考えられます。

 

還暦以降はますます珍しくなるため、このような詩が生まれたと言えます。

 

長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあり、還暦では赤を用いたちゃんちゃんこ、頭巾、座布団などを身に着けることは有名です。

 

古希祝いに使われる色はで、大変高貴な色として昔から位の高い人にのみ使うことが許されてきました。

 

ちゃんちゃんこや頭巾はあまりにもストレートすぎて中には嫌がる人もいます。

 

まだまだ若い気持ちがある70歳ですので、紫の小物や衣類などでさりげなく古希祝いをアピールしたプレゼントを贈ると喜ばれます。

 

本人の気持ちや状況を考えて最適な方法でお祝いができるように計画するようにしましょう。

 

古希祝いのお祝いのし方

 

古希祝いの最もポピュラーな方法は、家族や親族を集めて食事会を開催することではないでしょうか。

 

そのとき、それぞれ思い思いのプレゼントやお祝いを持ち寄って本人に感謝の気持ちや健康を願う言葉を伝えます。

 

子供や孫、ひ孫が一堂に会して笑顔が絶えない会話をするのが古希を迎える本人にとって理想の形となりますが、遠方などの理由で会場に足を運べない場合は手紙や贈り物を会の前日までに届けるようにしましょう。

 

古希祝いに参加できない場合、手紙やプレゼントを贈るほか、メッセージビデオを活用する方法や寄せ書きに気持ちを託す方法もあります。

 

お祝いの会は、自宅で行うものからレストランや旅行先で執り行うなど自由に計画することができます。本人が喜んで希望するところを選びましょう。

 

プレゼントは高価なものを渡すよりも心がこもったもの、というのが定番になっています。

 

必要と思われるときはお祝いとして現金を渡すという方法もあります。その場合は祝儀袋に「長寿祝」「寿福」「古希祝」と書きましょう。

 

中身は気持ちですので相場などはありません。

 

招待された場合は食事代としてこのような形をとることは配慮となりますが、あくまでもお祝いの気持ちとしてあまり大きな金額を渡すのは逆に失礼になりますので気を付けましょう。

 

古希祝いに人気のプレゼント

70歳のお祝いに人気のプレゼント

古希祝いに人気のプレゼントとしては、子供たちが作ったアルバムや、孫たちの似顔絵、歌のプレゼントや生まれた時の新聞など心温まる品物やイベントが主なものとして挙げられます。

 

長寿祝いの定番プレゼントとしては、フラワーギフトや名入れ酒、万年筆、名前詩、財布、腕時計、バッグなども人気です。

 

特に、名前やメッセージ入りの実用的なアイテムは思い出に残ると人気があり、古希祝いに名入れのお酒や名入れの万年筆、名入れの食器などを贈られる方が多いです。

 

名前やメッセージの入ったプレゼントで言えば、名前詩のプレゼントや似顔絵のプレゼントも人気です。

 

ご夫婦で古希を迎えられる場合には、ペアウォッチやペアグラス、夫婦茶碗、夫婦箸、お揃いの湯呑などのペアアイテムを選ぶ方が多くいらっしゃいます。

 

「これからも夫婦仲良くしてね」といった気持ちを込められるのがペアアイテムの魅力です。

 

これらのプレゼントに、これまでなかなか言えなかった気持ちを伝えるために手紙やメッセージを添える方が多いです。

 

最近では、形に残る「物」のプレゼント以外に、旅行など思い出のプレゼントをする方も少なくありません。

 

日頃の疲れを癒してもらうために温泉旅行や日帰り旅行を計画したり、長寿祝いのプランのある旅館やホテルなどを予約したりと予算に応じてプレゼントされる方が多いです。

 

大切なのは相手にお祝いや感謝の気持ちを伝えることですから、予算に合わせて古希を迎える方にぴったりのプレゼントを選びましょう。

古希祝いでのプレゼントの選び方!男女別に贈りたい人気のプレゼントをご紹介!

 

古希祝い以外の主な長寿祝いについて

 

還暦に続く古希以降も長寿祝いは多くあります。

 

人生の節目節目を祝う大事なイベントですので、しっかり覚えて身近な人の長寿を祝ってあげましょう。

 

古希の次に訪れるのは77歳の喜寿です。「喜」という漢字の草書が「七十七」となることと「七七七」と3つ重なることからという2つの説があります。

 

いずれにせよ、喜寿は日本独特のお祝いで、七という数字の持つおめでたい印象が77歳を祝うきっかけになったと言われています。

 

使われる色は古希と同じく紫色です。80代になると色は黄色になり、88歳の米寿などがあります。

 

「米」という漢字を分解すると「八十八」となることからこう呼ばれ、かつては米にちなんだ贈り物をしていたようです。

 

90歳は卒寿で、「卒」という漢字の草書が「九十」と読めることからきています。

 

99歳は白寿100歳は百寿となりますが、白寿は「百」という漢字から「一」を引いた形になるからです。なかなか頓智が利いている日本らしいお祝いではないでしょうか。

 

百寿は、一世紀という意味から紀寿と呼ばれることもあります。長寿祝いはひとつひとつ人生を重ねた到達点として祝われるものです。

 

喜寿を迎えたら次は米寿、次は卒寿、と目標にして長生きを目指したいものです。

 

古希祝いにはこれからの健康や長寿を願う気持ちを伝えよう

70歳のお祝いでは今後の健康や長寿を願う気持ちを伝えよう

長寿祝いの一つである古希祝いは、70歳を無事に迎えたことをお祝いするとともに、これからの健康や長寿を願う気持ちを伝えるのも大切なこと。

 

その場で手紙を渡したり、直接言葉にして気持ちを伝えたりすると喜んでもらえるでしょう。

 

是非人生に一度の古希祝いの際にはご家族一同が集まり、これからの健康や長寿を願う素敵な会にしましょう。

古希祝いに感謝の気持ちを伝えるメッセージ例

LINEで送る
Pocket