シャンパン

古希祝いは70歳を迎えた方のお祝いです。

ですが、今は80歳の方も多くいるので当たり前のようになってしまっています。

なので、いざお祝いしたいと思うと、品として何を贈っていいのかよくわからないということがよくあります。

お祝いの仕方は還暦とほぼ同じです。しかし古希はやはり、人生の節目を迎える大切なお祝いです。

お酒がお好きな方に何か送ってお祝いをするのであれば特別な日ということでシャンパンは贈り物としては最適です。

古希祝いにシャンパンを贈ろう

シャンパン

シャンパンは結婚式や誕生日など、お祝いの席によく送られるお酒です。

またワインとは違う華やかさがあって、色合いも美しくとても素敵な贈り物になります。

古希を迎えた方に贈られる時には、

  • ・ボトルに名前を入れる
  • ・作られた年や場所などを調べてヴィンテージものを贈る

などちょっとこだわった仕様や商品をチョイスすると、よい記念になったということでさらに喜ばれます。

またワインや日本酒もそうですが、種類がたくさんあって値段もそれぞれです。

予算を考えて贈られる方をイメージしてそれを贈るか決めるのも、選ぶのも方法のひとつになります。

シャンパンにも数千円で購入できるものがいくつかあります。

5000円台で購入できるシャンパン

シャンパン

5000円台からのものであれば

  • ・ブリュット・アンペリアル
  • ・ロゼ・アンペリアル
  • ・ボーモン・デ・クレイエール

がお勧めです。

ブリュット・アンペリアルはフランスのシャンパーニュ地方で作られたものの中では比較的手にはいりやすい価格となっていて、品質も高いものです。

とてもフルーティな味わいでたくさんの方から賞賛を得ています。

またロゼ・アンペリアルは名前の通り、ピンク色をしたとても上品な品です。

男性よりも女性の方への贈り物に適しています。

また甘みが大変強いので、甘いものを好まれる方への贈り物にしても大変喜ばれます。

ボーモン・デ・クレイエールは6000円から7000円と5000円台とはいがたいですが、贈り物としては喜ばれる品のひとつです。

熟成期間に何年も要していますが、香りがとてもフルーティで、味はバターやアーモンドの風味があってとてもクリーミーさがあります。

またとても新鮮さがあり、新しさと古さの両方のよさを感じることができるブランド品です。

10000円~20000円台で購入できるシャンパン

シャンパン

もうすこし値段を高めに設定して10000円から20000円台のものを贈りたいと考えているのでしたら、

ヴィンテージものも候補とすることができますし、味にも気品さを感じるものをあげる事ができます。

ブラン・ド・ブランはボトルのデザインがとてもおしゃれで気品があり、

シャルドネのみの原料で作られた少し辛口のシャンパンですので、食事と一緒に召し上がることができる品です。

ドン・ペリニヨンは発酵の期間に少し時間をかけていることに特徴があります。

しかしランクが低めなものでも、しっかりと熟成された味がします。人生の節目を迎えた方にふさわしい贈り物になります。

エグリ・ウーリエ グラン・クリュ ロゼは、作り出したものに色をつけるといった手法ではなく、

独自の手法で作り上げたために上品で美しいピンク色をしている品です。

野いちごやさくらんぼやハーブといったやさしく甘い香りで、味も繊細でエレガントさを感じながら、奥に芯の強さを感じ取ることができます。

使われている葡萄もピノやシャルドネを使っているので、どなたにも好まれる味であり、飲みやすい品であるので、贈り物にされると喜ばれます。

30000円以上で購入できる高級シャンパン

シャンパン

さらに値段をあげて30000円以上の予算を組んで選ぶと、どの方にも喜んでいただける品を選ぶ枠が広がります。

クリュッグやルイ・ロデレールなど、最高級な品もこの中に見つけることができます。

クリュッグはシャンパーニュ地方でも最高峰のメーカーで、原料になるぶどうにもかなりこだわりがあります。

また作り方にも伝統的なものを使っており、発酵、熟成期間にはかなりの時間を要しているため、味も最高級ランクに入ります。

スタンダードなものであれば、30000円から50000円で購入することができます。

ルイ・ロデレールのもので3万円程度で購入可能な品があります。

ルイ・ロデレールはフランスの誇るメーカーで1700年代からシャンパンを作り続けている老舗です。

自作の畑を有しており、ここで育てた葡萄で作っている商品のクリスタルはとても透明度があっておいしいお酒です。

他にもモエ・エ・シャンドンは40000円から50000円で購入することができます。

この品を作っているモエ家はナポレオン1世と大変親交が深く、また本人もシャンパンをとても好んで飲んでいました。

そのため親交の証として品の中にはアンペリアルという皇帝の意味がある名前を持つものがあります。

2つのピノ種とシャルドネを組み合わせて作り上げているので、味に繊細さを感じとる事ができます。

青りんごのみずみずしさと洋ナシの甘さや花を感じさせるアロマの他に、シリアルやブリオッシュといった複雑なニュアンスをかもし出しています。

前菜はもとより、メインディッシュやデザートなど、ありとあらゆる皿に合わせることができるので、食事と合わせても楽しむ事ができます。

心をこめて選んだ1本を、大切な方への贈り物になさってみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket