家族で古希祝い

古希のお祝いは70才になるころに行われるものであり、長寿や年齢の節目を祝うものです。

家族に古希を迎える人がいる時は、記念にお祝いをしてあげると喜ばれます。

古希のお祝いとはいっても、どのようなことをすればいいのかあまり知られてはいません。

還暦であれば赤いちゃんちゃんこを着るなどがありますが、古希にはそういった風習は無いため自由にすることができます。

しかし、せっかくの節目のお祝いでもあるため、できれば家族が揃ってお祝いしてあげることが大切です。

今回は、古希祝いの日取りや行う場所、プレゼントの選び方など、家族が揃ってお祝いするために必要なことについて紹介していきます。

 

■お祝いの日取りについて

カレンダー

まず、お祝いをする日取りについては、早い段階で決めておきます。

早い段階というのはそれぞれ家族によって異なってきますが、一年前から計画を始めても問題はありません。

特に、離れて暮らす家族が多ければ多いほど、日程の調整は難しくなっていきます。

一年の中でも全員が集まれるタイミングはあまり多くはないため、できるだけ早めに全員に予定の確認をしておくと安心です。

それぞれの家庭で旅行や出かける用事などを計画している可能性があるので、早めに連絡を入れて予定を確認しておきましょう。

また、万が一急な予定が入ることも想定して、日取りは第一候補の他に第二候補も用意しておくとさらに安心できます。

古希は数え年で70才というのが主流ですが、現在では満年齢という考え方も増えてきています。

そのため、誕生日付近に予定を組まなければと考える必要もないため、それよりも家族全員が揃うことのできる日の方がお祝いの日としてはふさわしくなります。

誕生日に縛られずに、例えばゴールデンウィークなどの連休やお正月のタイミングなど、家族が時間を作れそうな時に行うようにしましょう。

 

■古希のお祝いを行う場所について

食事

古希祝いを行う場所については、自宅やレストラン、ホテル、料亭などさまざまな選択肢がありますよね。

自宅であればのんびり過ごせそうですし、ホテルや料亭などの外食であればいつもの誕生日とは違った雰囲気が楽しめます。

古希祝いを行う場所を選ぶ際にはどういった点に配慮すればよいのか、ポイントをここでは見ていきましょう。

古希を迎える方の負担にならない場所を選ぶ

次にお祝いを行う場所についてですが、これも特別な決まり事や風習はありません。

そのため自宅でもレストランでも旅館でもどこでもいいのです。

しかし、お祝いする人にできるだけ負担をかけない場所を選んであげることは大切です。

例えば、古希を迎える人の自宅となれば、準備や掃除など祝われる人が動く必要が出てきてしまいます。

他にも、年齢的に体力に自信がないのに遠出をさせたり、長時間の移動を強いたりするのも問題があります。

祝う人の状況に応じて適切な場所を選んであげると、より喜んでもらうことができるのです。

家族構成で選ぶ

また、家族の状況によっても場所は考える必要が出てきます。

家族に小さい子や子どもがいる場合には、あまり静かで落ち着いた場所はふさわしくないこともあります。

周囲の人に迷惑をかけてしまったり、嫌な思いをしないように適切な場所を考えることが必要です。

そして、お祝いを温泉旅館や旅行に組み込む時には、古希を迎える人の料金をどうするのかについても本人がいないところでしっかり確認しておきます。

支払いのタイミングで問題になったり、本人に気を使わせるようなことは避けるようにします。

古希祝いの食事会を実施する時の段取り

 

■古希祝いのプレゼントについて

プレゼント

そして古希のプレゼントですが、本人が喜ぶものを選択することが重要です。

古希祝いのプレゼントに必ずこれを贈らなければならないというものはありませんので、古希の方が欲しがっているものや好みの物、趣味に関するものなどを事前にリサーチして選ぶのをおすすめします。

家族それぞれがプレゼントを用意してもいいですし、全員でお金を出し合ってプレゼントをしても構いません。

男性であれば趣味に関するものやお酒など、女性であれば実用的なものやお花などが喜ばれます。

もしご夫婦で古希を迎えられる場合には、ペアウォッチや夫婦茶碗、夫婦箸などのペアアイテムもおすすめです。

ペアアイテムを古希祝いに贈れば、「これからの人生も夫婦仲良く」といった気持ちを伝えることができます。

最近では、ご夫婦そっくりの似顔絵やご夫婦の名前が使われた名前詩も人気があります。

他にも、お祝いの席で写真撮影やビデオ撮影をして、それをプレゼントにする方法もあります。

写真立てと一緒やアルバムを作成するなど、この先も見返せるようなものだと思い出にもなります。

写真やビデオを撮影する時は家族の誰か一人が撮影者になってしまうため、交代しながら全員が写るように工夫します。

そうすることで、家族全員の思い出として残すことができます。

古希祝いでのプレゼントの選び方!男女別に贈りたい人気のプレゼントをご紹介!

 

■古希祝いを家族で行う際に意識すること

家族で70歳のお祝いをする際に意識すること

古希のお祝いではプレゼントや食事など特別なものが無くても、家族全員が揃っていることが一番のプレゼントにもなります。

そのためにも、確実にお祝いの席に行けるようにする気持ちと行動が一番必要になります。

みんなで集まって楽しい時間を過ごすことが一番大切であり、忘れてはいけない部分です。

遠方に家族が住んでいる場合、子どもや孫の顔を見たいと思っている方は少なくありません。

古希祝いの機会に遠方に住んでいる家族が集まってくれるとなれば、喜びも一塩でしょう。

一緒にご飯を食べたり、会話をしたり、記念撮影をしたりと、家族で一緒の時間を過ごすことが家族での古希祝いでは大切になってきます。

また、準備についても誰か一人に負担をかけてしまわないよう、家族全員で協力して進めていくとより素敵なお祝いにすることができます

LINEで送る
Pocket