古希祝いの由来「人生七十古來稀」|古希祝い館
  • お急ぎのお客様

    2016年グッドデザイン賞受賞-詳細ページへ
    お急ぎのお客様|古希祝い
  • FAXダウンロード

    FAXダウンロード|古希祝い

    お問い合わせ先|古希祝い館
  • 予算で選ぶ

  • お酒の種類から選ぶ

  • 容量で選ぶ

  • 古希とは

  • メッセージ例文集

  • よくある質問(商品)

  • よくある質問(配達)

  • 会社規定

  • 営業日カレンダータイトル

    • 営業日カレンダー
  • 店舗より

    【営業時間のご案内】
    平日 9:00~18:00
    日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。

    インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。

    【定休日中のご指定日について】
    定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

    【定休日中の配送について】
    土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。

    何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • RSSフィード:最新情報

    RSSフィード
  • 運営サイト

  • 古希祝いとは:人生七十古來稀

    古希祝いとは

    長寿社会となった今、70歳といってもそれほど長生きとは感じない方が多いのではないでしょうか。しかし、昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。

    古希の由来

    「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。『人 生 七 十 古 來 稀』 しかし、この言い回しははるか昔からあったという説も…。現に、古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。とはいえ、日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。 とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。かくして古希を祝う習慣は、杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。

    古希のお祝いは

    還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーカラーとなります。では、なぜ「紫色」なのでしょう。 実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。 また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。




    古希に関するこちらの記事も読まれています


    LINEで送る
    Pocket